病気によって引き起こされる頭痛の種類

公開日: : 頭痛の種類

危険な頭痛は早めに対処しよう

頭痛の中でも、病気の前兆あるいはサインであるような頭痛は、危険なタイプの頭痛ですので、早めに対処していく事が必要です。

ただの偏頭痛だと思って放っておいてしまいますと、重大な病気を見逃してしまう可能性もありますので、非常に危険です。

このようなリスクを負わないためにも、慢性的に続く頭痛や、激しく痛むような頭痛は受診する事をおすすめします。

特に、いつもと違うなと感じた時には、早めに医師に診てもらうようにしましょう。

どんな頭痛に気を付ければいいのか

いつもと違う頭痛には、どのようなものが挙げられるのでしょうか?それは、第一に激しい痛みです。

また、手足のしびれを伴う場合も危険です。脳腫瘍なども考えられます。

また、言葉がしゃべりにくいなどの症状が伴う場合にも、異変だと思って下さい。

頭痛を伴う病気とは

いつもと違うなという頭痛には、何か深刻な病気が隠されている事があります。

例えば、くも膜下出血や、脳出血、その他感染症などが挙げられます。

くも膜下出血だった場合には、突然激しい痛みに襲われるというのが特徴となっています。

殴られたような痛みを感じるので、すぐに異常だと気づくはずです。脳内で出血しているから痛みが生じてしまうのですね。

脳出血の場合には、頭痛に加え、ろれつが回らなかったり、ものが二十に見えてしまうなどの症状も伴います。

感染症の場合には、体を動かしたり、頭をふった際に激しい痛みを感じる事があるというのが特徴となっています。

関連記事

no image

慢性的な頭痛に危険は無い?

慢性的な頭痛について 慢性的な頭痛であれば問題がないかというと、そういうわけではありません。

記事を読む

no image

危険な頭痛の見分け方

頭痛についての概要 皆さんは、頭痛に悩まされた事はありますか?慢性的に頭痛に悩まされるという方も、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
危険な頭痛の見分け方

頭痛についての概要 皆さんは、頭痛に悩まされた事はありますか?慢性的

no image
慢性的な頭痛に危険は無い?

慢性的な頭痛について 慢性的な頭痛であれば問題がないかというと、そう

no image
頭痛を予防しよう

頭痛は予防できる 偏頭痛持ちという方は、日本人の方にはとても多いもの

no image
病気によって引き起こされる頭痛の種類

危険な頭痛は早めに対処しよう 頭痛の中でも、病気の前兆あるいはサイン

→もっと見る

PAGE TOP ↑